TOP

東京でも特に人気だと言われている風俗体験談を集めてみました!よければ読んでみてください!

魅惑の回春マッサージにハマる

一度回春マッサージを体験するとリピートする確率が高いと思うのです。自分がまさにそうでした。風俗のサービスとはちょっと違うようなスッキリ感を味わえます。回春マッサージは、「精力を取り戻す」という意味があり、勃起力に悩みのあるという男性に効果を発揮します。お世話になったのは、五反田の回春マッサージ店I。回春のお店を検索している時点から、五反田のI店はホームページの作りがとても良かったので即決でした。この五反田の店に関しては、サービスの流れとしては、まず施術前にカウンセリングを行い、疲れているところ、特にマッサージして欲しいところを聞き、使うアロマなどを選びます。そしてシャワーを浴び、トリートメントを始めます。前半は全身のマッサージで、特にエッチなことはありません(笑)選んだアロマオイルで全身のコリをほぐしていきます。時間の半分くらいを費やします。全身がほぐれたところで、いよいよ回春マッサージに移ります。もちろん全裸で、下半身を重点的に行います。リンパ節が集中している股の付け根の鼠径部や細かい性感帯などを念入りにマッサージし、元気になるように促します。マッサージ店により、アナルへの刺激を行うところもあります。前立腺マッサージです。前立腺マッサージは、普通に射精をするよりももっと快感を得られる、ということで一度経験するとハマってしまう男性も少なくないようです。前立腺マッサージを受けることができるのは、M性感の店が多いようです。さて、五反田の回春マッサージ店に戻りますが、最後のフィニッシュは、お客さんの希望の体位で受けることができます。うつぶせや仰向け、四つん這い、ちょっと恥ずかしいな、と思う体位で思う存分発射することができます。これは五反田のマッサージ店の流れですが、店によってサービス内容は異なると思います。ただ、一度踏み入れるとハマってしまう世界のような気がします。実際、このあとデリヘルへ行っても満足感は違う気がしました。ちょっと恐い反面、最高の快感を得られるとなると迷いますね。五反田のI店、ちょっと注目です。


池袋のリフレは僕にとっては大事な場所です

座り込み、うつむく外国人女性池袋で行きつけのリフレがあるのですが、そこは僕にとっては大事な場所なんです。勤めている会社では色々とストレスが溜まるときもあり、日常生活では特に楽しいこともないですし、友人も都内にはいないので寂しい思いをして休日を過ごすことが多かったんです。池袋は自宅から15分ほどで行ける距離でそこまで遠くないのでよく訪れる場所ですが、ここでリフレ店に出会ったのは池袋駅の降り口の前でティッシュ配りをしていた女の子から貰ったのがきっかけになります。私は風俗など全く行ったことがなく、風俗自体に嫌悪感というか恐怖を感じており、ぼったくりの被害やべらぼうな金額を請求されそうな気がして利用は避けていました。しかし、今回もらったティッシュはリフレという聞きなれないお店でどんな事をしているお店なのかインターネットで調べてみました。リフレは風俗店ではなく、基本的には女の子と楽しく話をしたり、軽いスキンシップを楽しめるお店のようです。軽いスキンシップはハグや手繋ぎやフレンチキス等があり、私はちょっと怪しいなとは思いましたが、女の子と話せるというのには惹かれました。女の子と話すのであればキャバクラやガールズバーでもいいじゃないかと思われますが、どうやらそういった派手な感じは苦手でリフレのように年下の女の子で尚且つ、派手さのない身近な雰囲気の中で女の子と話せる場が良かったので騙されたと思って一回利用してみたのが始まりでした。池袋のリフレは店舗数にしてはそれ程多くはないですが、これから少しずつ増えていく感じの業種のようで、風俗店ではないので安心して利用できるのが良いところです。初めてリフレを利用した時は本当に緊張しました。なにせ、社内では仕事の関係で女性と話すことはありますが、あくまで仕事での会話ですので何も気になるところはないんですが、プライベートの場合は別物です。緊張してしまって何を話していいかすらわからずに、ただただ女の子と一緒に過ごすような感じになってしまう事あります。ですが、池袋のリフレで初めて会った女の子は緊張している私に優しく対応してくれて徐々に緊張を解してくれました。初回は時間もショートで40分程度しか離せませんでしたが、だいぶ心も開けてきて次回も同じ女の子を指名しようと思いました。次回も同じ女の子が指名できたのでそんなに緊張せずに話すことが出来て、私が都内に働きに出たときからの話をしました。女の子は全部話を聞いてくれて、励ましてくれたので私はすごく嬉しかったです。それからと言うものの数回利用して同じ女の子を指名していましたが、いつしか自分にとって無くてはならない場所になっていました。これからもずっと運営して欲しいと切に願う池袋のリフレです。


美人過ぎるデリヘル嬢

赤い服を着て、腰に手をあて、横を向いている外国人女性長期休みの時は良く実家に帰省しています。池袋のデリヘルはレベルが高い女性が多いので、地元に帰ってきた時は親に内緒で良く利用しているんですが、この前偶然見かけた「容姿に自信のある方のみ募集」という求人を見て、どんな美人が集まっているんだろう…と興味をそそられたので、そこの池袋のお店を利用してみました。高級デリヘル店らしいのでハズレは少ないと思っていましたが、実際に来た女性はテレビから出て来たかと思う程の美人さんです!就職先でも風俗は良く利用していましたが、こんなにレベルの高い女性は未だかつて見かけた事はありませんでした。綺麗すぎて、初めの30分は緊張して何も話せなかった程ですから。ようやく打ち解けてきた所でお互い脱ぎはじめましたが、スタイルも抜群で非の打ちどころがありません。早速最上級ボディをしっかり堪能し、時間が過ぎるまで楽しみました。今回の女性も凄く良かったけれど、他にどんな美人が居るのかも気になるので、次回の帰省時にはまた別な女性を指名して利用したいと思っています。


思わぬ好運な出会いが

カメラ越しにこちらを見つめる外国人女性ラッキーでしたね。あれ以来、同じ経験はまったくないんですが、仕事の関係で出張した際に宿泊したビジネス・ホテルに、吉原のデリバリーヘルスを呼んだんですね。これは数少ない地方出張の際の楽しみでもあります。もはや、これだけを楽しみに吉原方面に出張しているともいえましょう。このエリアのデリバリーヘルス嬢は、幸運なことに、私が初めての客だったとのことです。当然、処女ではなく、私生活ではセックスをしたことがあるとのことでした。でも、デリバリーヘルス嬢としては未経験で、私が初めての客だというではありませんか! 正直なところ、地方出張ではあまり楽しみはないんですが、このデリヘル嬢は大当たりでした。少し顔も赤らめていましたしね。処女ではないとはいえ、職業としてのセックスは初めてだったそうですから、それこそ、どんな声を出していいのかもわからないようでした。きっと、その子は、ずっと私のことを記憶することでしょう。「初めての客」として、ね。当然、私もあの女の子をずっと憶えていきますよ。

常に密着状態が逆に気持ちよかったです。

レンガの向こうから、こちらを覗き込む二人の外国人女性今回はフリーでしたが後でホームページサイトで確認したところ、写真とはちょっとギャップを感じてしまいました。池袋風俗のホームページの写真はプリクラで、全身が写ってないのでなんとも言えない面もあるんですけどね。表記されているスリーサイズとは違ってたように思いますが。100センチ超えの爆乳おっぱいで数センチの違いは誤差にもならないでしょう。おなかがいい感じのぽっちゃりぶりなのがいいですね。最近の求人で入店したというデリヘル嬢と指定のホテルに着くと、手際よくシャワーの準備をしてくれます。バスタブがとても狭かったのですぐに準備完了です。その後、プレイ時間を携帯のタイマーにセットします。脱衣はセルフでしたが私の方が早く脱ぎ終わってしまい、「恥ずかしいから早く素っ裸になって」なんて促すと、ぽちゃ嬢も恥ずかしそうに少しずつ脱いで、その姿がなんともななまめかしかったです。狭いシャワールームでは身動きがほとんどとれず、常に密着状態が逆に気持ちよかったです。